category: ALL INDEX  1/2

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

快感小説 NOVEL&動画 INDEX

   レズ官能ホラー その女、危険性。一話 二話 三話 四話 五話 六話 七話 八話 九話 十話十一話 十二話 十三話<本格時代劇 白き剣>~第一部序章 一話 二話 三話 四話 五話 六話 七話 八話~第二部九話 十話 十一話 十二話 十三話 十四話 十五話 十六話~第三部十七話 十八話 十九話 二十話 二一話 二二話 終 話■SMらしいSM小説のブログ SM潤文学オープン■LezなNOVELでLezVELです。...

  •  closed
  •  closed

女は字間に

No image

見分けようとする限りM女なんて得られない。下心だったりするんだが、あべこべに見分けられてしまうだろう。行間に心があると言うだろう。女たちは字間にいる。S字とM字のどっちつかずに、ほとんどの牝はいて、男が良ければ女体はS字にしなるものだし、行き着くところはM字開脚、セックスだろう。お馬鹿さんは「お」をつけて口説くのさ。おコラ、おてめえ、おケツ上げろ お突っ込むぞ。女はね、嘘くさいお敬語なんてとっぱら...

  •  closed
  •  closed

Aの意味

No image

「いい目だね」・・・なによ、ムカつく。「いい尻してる」・・・なによ、トキめく。このヒト、違う。抜き差しならなくなる予感。抜き挿しされる仲になる?怖くて怒ったフリをする。ムカつく男は、いつかトキめく彼になる。素っ裸が服着てる・・・それが女よ。いくつになっても、どうせ抱かれる女体です。少年Aか、青年Aか、中年Aか。どうせなら危険度Aな男がいいわ。どうせ勃起が服着てる・・・男なんてそんなもの。Bまでいっ...

  •  closed
  •  closed

びろうど芝

No image

気づいてくれるかしら・・。ブラウスがいつもより透けること。真っ赤なブラにしてみたこと。スカートがいつもより長くなく、パンティがいつもよりも浅くて小さいことなんて・・。髪の色をほんの少し明るくし・・甘皮から整えて爪色だって可愛く見せた。十字架のアンクレットもつけてみたし、パルファムだって忍ばせた・・。だけど彼は黙っていたわ。気づかないみたいです。そしたらね・・。「あ、そこ踏まない」「え?」「びろうど...

  •  closed
  •  closed

SSS-NOVEL 男の誤算、女の錯覚。(イントロ)

No image

あらマニキュア。いつもは少し派手なのに、淡いピンクに変わっている。その日のランチ。敗北を知ったのはそのときでした。彼はセンスのいい人で、エスコートするときに腰をちょっと押してくれたりするんです。さりげないソフトなタッチが好きでした。彼とあの子が連れ立ってオフィスを出てゆく。エレベーターですれ違う。 そのときに、腰を押す手の指先がインベルを少しこえ、お尻に触れて、私の視線に気づいていながらあの子はち...

  •  closed
  •  closed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。