快感小説

最初はCFNMだったんです(七話)

 ブリーフを脱がせただけでペロちゃんはもう反応
しはじめていたんです。いやらしい子。若いペニス
はあのときのまま黒い毛の中から生えていて、大き
くなりだしたものをホテルの薄いスリッパでパシパ
シ叩いてやるだけで、そのたびにぐいっぐいっと上
に向いて勃っていく。
 パシッとやるとちょっと顔をしかめてお尻を引く
の。それが面白くてエスカレートしていくのです。
 私は漫画チックなほど変身していたのかも知れな
い。怖いところなんておくびにも出さない少女が突
如として魔女に変身するような、そんな漫画ってあ
ると思う。
 このときの私はそうでした。どんどんS女になっ
ていく自分を意識していて、だけど止まらなくなっ
ていくんです。

 ペロちゃんが可愛い。そしてその可愛さを未来の
旦那さんに重ねて見ている。彼だって私にぞっこん
なんだから命じれば奴隷になりそうな気がします。
「ふふふ、痛そうにしてるわりにはビンビンね。青
筋立てて大きくしてるじゃない。気持ちいい?」
「はいお姉さま」
 お姉さま。その言葉もまた私を有頂天にさせるも
のでした。ペロちゃんとは七つも違う。そうよ私は
お姉さまって呼ばれる資格があるんです。
「いいわ、向こうを向いて四つん這い。お尻の穴を
見せなさい」
「はいお姉さま」
 気分サイコー。オフィスのセクハラ親爺に仕返し
している気分になれる。
 でもこのとき私はペロちゃんのアナルを見たかっ
ただけかも知れません。私が極太ディルドで泣かせ
てやったお尻の穴が、いまどうなっているのかを。
 
 白いお尻を向けたペロちゃん。いやらしい二個の
ブラブラが伸びて垂れ、その上に、周りに毛をはび
こらせたアナルがある。やっぱり普通の穴じゃない
みたい。緩そうだし肉がはみ出してる感じがする。
「お尻は鍛えてるの? 調教って言うのかしら?」
「はい、マダムの言いつけでボトルを」
「ボトル?」
「ビール瓶です。そのうちにはフィストできるよう
になりなさいって」
「手首?」
「そうです」
「それでペロちゃん、あなた、そんなんでいいの?
情けない男よ、それって?」
「いいんです、夢ですから」
 女たちに嘲笑されて生きていくのが夢なんだって。
射精も常に禁止だそうです。
「どうしてもしたくなったら?」
「そのときはマダムにお願いして、お尻の穴を綺麗
に舐めさせていただいて、気分がよろしればシテく
ださいます」

 ふーん。ちょっとショック。私の彼がMっぽいだ
けに、彼もそうなのかしらって思っちゃう。
 まあいいわ。恥部をさらけ出してひれ伏すペロち
ゃんに優越感を感じてる。それだけでも気分がいい。
 ベッドに座ってぷらぷらさせてる足の甲で睾丸を
ぽんぽんと蹴って狙いを定め、可哀想なぐらいボコ
っと蹴ってみたんです。ペロちゃんたらつんのめっ
て前に吹っ飛び、股間を押さえてジタバタしている。
「はいはい、もう一度!」
「はい、痛いですお姉さま」
 声が心なしか泣き声に変わっているよう。それで
もまたボコっと蹴る。グワッって蛙を潰したような
悲鳴を上げてジタバタするの。可愛いわ。私はほん
とにどうしてしまったのか、普段の私ではあり得な
い残酷に支配されてしまっている。

「いいわよペロ。よく我慢したね、お舐めなさい」
「はい! 嬉しいですお姉さま」
 にっこり笑うの。それがまた可愛くて虐めたくな
ってしまうのですが。
 今日は仕事ですからスカートはつまらない。パン
ストだってベージュだし、でもパンティだけはピン
クを穿いてる。スカート、パンスト、脱がされて、
最後のパンティだけは許さずに布越しに鼻先を押し
付けさせて匂いを嗅がせる。それだけだってあの日
までの私ならとてもじゃないけどできなかった。
「匂うでしょ? 一日穿いてたパンティですもの、
しょうがないわ。私の匂いを覚えなさい」
 ところがペロちゃん、私の股間から顔を上げたと
きにうっとりした目をしてる。
「嬉しんだね、ほんとに?」
「嬉しいですお姉さま」

 私はきっと穏やかに笑って脱がされていったと思
うのです。
「汚れてるから綺麗になさいね。気持ちよければご
褒美にシコシコしてあげますから」
「はい! ふふふ、はいお姉さま!」
 支配するってこういうことなのかしら? 
 結婚して旦那もこうやって操縦できる?
 微笑みながらもヘンなことにハマっていく自分を
意識していたんです。

「あぅ! ンっふ!」
 いい。すごくいい。クラクラするほど感じます。

ピックアップ!


ウェブマスターはこちら リアル素人CLUB-XXX リアル素人CLUB-XXX

ここはハード性小説

SM~FEMDOM、レズと
官能小説らしい物語を集めてく。
新刊案内

レズ官能小説の二編集
自虐オナニー~レズ
●指だけじゃ飽きたらなくて
レズSM(露出)
●同名小説


好評シリーズ、発売開始!
官能ホラー
闇刈いわく堂シリーズ特別編
『白湯鬼さん』


~飾られる女たち~
インテリアドール紫織編
若く美しい性人形の日々へ


~飾られる女たち~
インテリアドール芙美子編
しっとり落ち着いた大人のSM

登録サイト





スペシャルリンク















ブロとも一覧

SM~猟奇の性書~官能

~ 艶 月 ~   
テキストリンク
アクセスランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる