快感小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSS-NOVEL 男の誤算、女の錯覚。(イントロ)

あらマニキュア。いつもは少し派手なのに、

淡いピンクに変わっている。

その日のランチ。

敗北を知ったのはそのときでした。

彼はセンスのいい人で、エスコートするときに

腰をちょっと押してくれたりするんです。

さりげないソフトなタッチが好きでした。

彼とあの子が連れ立ってオフィスを出てゆく。

エレベーターですれ違う。 そのときに、

腰を押す手の指先がインベルを少しこえ、

お尻に触れて、私の視線に気づいていながら

あの子はちょっと寄り添った。

ピックアップ!


ウェブマスターはこちら リアル素人CLUB-XXX リアル素人CLUB-XXX

ここはハード性小説

SM~FEMDOM、レズと
官能小説らしい物語を集めてく。
新刊案内

レズ官能小説の二編集
自虐オナニー~レズ
●指だけじゃ飽きたらなくて
レズSM(露出)
●同名小説


好評シリーズ、発売開始!
官能ホラー
闇刈いわく堂シリーズ特別編
『白湯鬼さん』


~飾られる女たち~
インテリアドール紫織編
若く美しい性人形の日々へ


~飾られる女たち~
インテリアドール芙美子編
しっとり落ち着いた大人のSM

登録サイト





スペシャルリンク















ブロとも一覧

SM~猟奇の性書~官能

~ 艶 月 ~   
テキストリンク
アクセスランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。