SSS-NOVEL 男の誤算、女の錯覚。(イントロ)

あらマニキュア。いつもは少し派手なのに、

淡いピンクに変わっている。

その日のランチ。

敗北を知ったのはそのときでした。

彼はセンスのいい人で、エスコートするときに

腰をちょっと押してくれたりするんです。

さりげないソフトなタッチが好きでした。

彼とあの子が連れ立ってオフィスを出てゆく。

エレベーターですれ違う。 そのときに、

腰を押す手の指先がインベルを少しこえ、

お尻に触れて、私の視線に気づいていながら

あの子はちょっと寄り添った。