スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びろうど芝

気づいてくれるかしら・・。
ブラウスがいつもより透けること。
真っ赤なブラにしてみたこと。
スカートがいつもより長くなく、パンティが
いつもよりも浅くて小さいことなんて・・。

髪の色をほんの少し明るくし・・甘皮から
整えて爪色だって可愛く見せた。

十字架のアンクレットもつけてみたし、
パルファムだって忍ばせた・・。

だけど彼は黙っていたわ。
気づかないみたいです。

そしたらね・・。

「あ、そこ踏まない」
「え?」
「びろうど芝だ」
「びろうど芝?」

庭園を歩いていて彼しか見えていなかった。
「踏まないところに使うやさしい芝だよ」
そんなこと、アイツやソイツは
気にもとめないことでしょう。

「いつもと違うね」
「う、うん!」
「好きだ」

あやうく涙になりそうで・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。