快感小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着せたい男と脱ぎたい女(十一話)

 知明に対して泣いてしまったことで、亜紀は思い
のほか弱っていた自分を思い知り、殻のような鎧の
ような、外殻だけに強張るものを立てかけて、心を
詰め込み、かろうじて女の形を保っていた自分をも
思い知る。

 外殻は崩れた。そして一度崩れると際限なく流れ
出す女心を止めることができなくなった。誘ってく
れるから女は脱げる。私からいくなんてプライドが
許さない。そうして女を生きてきたのだったが、そ
れこそつまり鎧を生むだけのもの。
 貪るように口づけを深くする。男の力よりも強い
意思で自ら求めて抱かれている。
 激情だった。助けてマスター、苦しいの。寂しい
の。叫ぶように舌を絡めて口づけを貪った。

 シャッターを降ろしきり、いよいよ降り出した雨
の中を相合傘で歩く。駅前を通過するときもちろん
人の目はあったのだが気にならない。知明の腕にす
がって歩いていた。
 店のある側の街外れに赤煉瓦造りの古いマンショ
ンが見えてきた。敷地に余裕があった頃に建てられ
ていたもので、三階建てと高さがない分、街にひろ
がるように建っていて、北棟南棟の二棟に分かれ、
知明の部屋は奥側にあたる南棟の2017、二階の十七
号室だった。
 賃貸。マンションではなく体裁のいいアパートだ
よと知明は言う。ドアは時代がかったグレーの鉄の
扉だったのだが、開けてくれて背を押されて入った
とき、綺麗にされた室内に目を見張る。店の中もそ
うなのだが、男のきっちりした性格には好感が持て
る。

「二部屋なんだね」
「2DKなんだが古いからキッチンが狭くてね。一
部屋は娘の部屋さ。ときどきふらりと帰ってくる」
「うん」
 扉が並び、閉ざされたドアの奥が気になった。娘
といっても高一は子供ではない。彼女はきっと歓迎
しない。このとき亜紀は閉ざされた扉を一目見て踏
み込めない世界があると直感的にそう思う。
「着替えるから」
「うん」
 DKはLDKとは言えなかったが、独り暮らしな
ら充分なほど広く、テレビもそこに置いてある。
 キッチンそばにダイニングセットがあって、テレ
ビの前に二人がけのラブソファ。それでキツキツの
スペースなのだが、コンパクトにまとめられ、どこ
も綺麗にされていた。青いファブリックのラブソフ
ァに浅く座り、奥へと消えた知明を待っていた。

 茶色の革ジャンを合わせたジーンズスタイル。店
で見るスラックス姿よりずっと若く見える。
 三十九歳。男盛りでもあり、消防士としての訓練
が生んだ強い体を物語るようにジーンズの尻は硬く、
腿が張って、カッコいいと嬉しくなった。
 部屋を出て裏へまわると駐車場。あのときのシル
バーメタリックのステーションワゴンが雨のシャワ
ーに洗われて外灯にキラキラ光って亜紀を迎えた。
 クルマには見覚えがある。一瞬にしてあのときの
旅の夜が蘇る。
 エンジンがスタートし、駐車場を出て走りだした
とき、亜紀は運転席の男の腿にそっと手を置く。
「落ち着くなぁ。うまく言えないけど」
「そうか?」
「ねえマスター、あたしとこうなるって思ってた?
あたしにはあったのよ。はじめての街に来て最初に
お店を覗いたとき、じつは表通りのカフェがいっぱ
いで入れなかったの。あのときもし空いていたら出
会いはなかったかもしれない。道を間違えて見つけ
た宿ではじめて会った。それも富山よ。あのときの
ことがあって水のあるそばがいいって思い立ち、川
のある街へ来てみたら再会できた」

 知明は語らず、頬をゆるめて微笑むだけ。腿に載
せた女の手が、いつくしむように強い腿を撫でてい
た。
「次が決まるまでだぞ」
「え?」
「店だよ」
「ああ…ふふふ、びっくりしちゃった」
 助手席で亜紀は、載せられてからずっと身を斜め
に知明の姿を見つめていた。このとき知明が横目を
なげて目と目が合った。
「いちゃダメ? ずっとお店に?」
「亜紀にしかできないことがある」
「うん。そうね。音楽スクールは学校みたくべった
りじゃないから手伝えるし」
 暗がりの知明の横顔が笑っている。亜紀は体の力
が抜けていくのを感じていた。安堵。スケールの違
う大きなものを感じてならない。
「おなか空いたぁ」
「うん俺も」
 この時間からならきっとファミレス。もしくはド
ライブイン。

 そしてそれから…と考えたとき、亜紀は知明の腿
に置いた手をそっと引っ込め、たくし上がるミニス
カートを引っ張りながら座り直して前を向いた。
 雨滴に歪む景色。しかし強いワイパーが視界をき
りりと浮き立たせ、これからの道筋を見せていた。

ピックアップ!


ウェブマスターはこちら リアル素人CLUB-XXX リアル素人CLUB-XXX

ここはハード性小説

SM~FEMDOM、レズと
官能小説らしい物語を集めてく。
新刊案内

レズ官能小説の二編集
自虐オナニー~レズ
●指だけじゃ飽きたらなくて
レズSM(露出)
●同名小説


好評シリーズ、発売開始!
官能ホラー
闇刈いわく堂シリーズ特別編
『白湯鬼さん』


~飾られる女たち~
インテリアドール紫織編
若く美しい性人形の日々へ


~飾られる女たち~
インテリアドール芙美子編
しっとり落ち着いた大人のSM

登録サイト





スペシャルリンク















ブロとも一覧

SM~猟奇の性書~官能

~ 艶 月 ~   
テキストリンク
アクセスランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。