快感小説

女装画家ミルの女体修復(三話)

 十日ほどが過ぎていた。
 妹からそんな話を聞かされても乗り気になれな
かった佳菜子。お願いだから信じてちょうだいと
食い下がる妹にしぶしぶ腰を上げたのだった。
 苦悩が深いときには時間がかかるという。言わ
れたように、朝十時の約束に合わせて家を出て、
原宿。表参道なんてどれぐらいぶりだろうと青山
通りに向かって歩き、途中逸れて路地へと踏み込
む。空がよくない。薄かった雲が見る間に厚みを
増してくる。

 目指すビルは見つかった。見つかったも何も、
そこだけ廃墟の雰囲気で佳菜子はちょっと迷って
いた。しかししょうがない。ここまで来て帰った
ら今度こそ妹は怒りだす。
 腐ったようなコンクリートの階段を登り、MIRU
と書かれた絵馬そっくりの表札を確かめて鉄の扉
をノックした。
「はじめまして、蓮見と申します。先日は妹の佳
代子がお世話になりましたそうで」

 佳菜子は懸命に正気でいようと意識しながら話
していたが、ミルという男性は、あまりに可愛く
小さかった。妹の佳代子は165センチだったが姉
はさらに4センチ背が高い。ヒールを履いていた
から75に迫る高さ。対してミルは部屋履きのロー
ヒールサンダル。十センチは背丈が違う。
 胸も姉はDサイズ。白人なみのラージグラマー。
今日の佳菜子は最初からかすかな敵意を秘めてい
た。ひとつは男のくせに女装であり、しかも可愛
いなんてヘンだわよ。もうひとつは、あなたなん
かに私の何が直せるって言うの。妹は感化されや
すい子だから効いたのであって私は違う。
 ところが、一目見て心を奪われる女性。どこか
ら見ても女だったし、女としても格が違う。憧れ
にも似た感情が生まれてくる。

「お話はうかがっています、さあこちらへ」
 えー? 男らしい口調と声のトーン。
 なのに今日はブルーレザーのミニスカ、シース
ルーの白のブラウス。ピンクのアミストにピンク
のブラ。妹が言ったとおりの赤毛のボブヘヤー。
整った小顔をつつむ、片側がセミロングで片側が
ややショートなデザインカット。
 綺麗。嘘でしょう。それがファーストインプレ
ッション。佳菜子はミルに魅せられてしまってい
た。
 黒一色の不思議な部屋。そこだけ白いベッドに
腰掛けて、それもまた言われたようにミネラルウ
オーターのコップを置かれ、丸椅子を引いて座る
ミルに向き合う。
 つくづく綺麗。ぼーっと見とれた佳菜子だった。

 ミルは透き通ったキャッツアイを佳菜子に向け
た。光線の具合でサファイヤブルーに輝く眼差し。
「睡眠薬をね?」
「はい」
「自信を失い、それよりも赤ちゃんですよね」
「そうです。いまとなっては主人のことなんてど
うでもよくって、弱かった私のせいでお腹の子を
亡くしたことのほうがずっと。そのとき四ヶ月だ
ったんです」
 ミルはうなずき、佳菜子の眸を見つめていた。
「あの子が呼ぶんです、ママ、ママって」
「うむ」
「耐えられません。時が記憶を薄めていっても、
日頃どれほどまともでも、あるとき突然錯乱した
ようになってしまって発作的に薬を」
「うむ」
「おっしゃられたように自信をなくしたこともあ
りますね。私がいるのに何でって。どこがいけな
かったのって」

 ミルは、脚を揃えてベッドに腰掛け、膝に置い
た佳菜子の手にそっと手を重ね、そして言った。
 そのミルの右手。肌が白く指が細く、甘皮から
整えた綺麗な爪にブラに合わせたようなピンクの
マニキュア。
「少しずつ修復していきましょう。あなたにはフ
ルコースが必要でしょうね」
「フルコースと申しますと?」
「体への修復とは別にアトリエでフルヌードの絵
を描きます。悲しい心を絵の中のあなたに封じ込
めてしまうんです」
「は、はぁ」
 不思議な気分。ミルに言われるとそんな超常現
象的なことさえ、できてしまいそうな気がする。

「では、お脱ぎになられて。全裸です」

 カーっと下着の底から湧き上がるような羞恥。
女であっても男性。
 しかしこのとき、佳菜子は操られるように立ち
上がり、スカートから手にかけていた。

ピックアップ!


ウェブマスターはこちら リアル素人CLUB-XXX リアル素人CLUB-XXX

ここはハード性小説

SM~FEMDOM、レズと
官能小説らしい物語を集めてく。
新刊案内

レズ官能小説の二編集
自虐オナニー~レズ
●指だけじゃ飽きたらなくて
レズSM(露出)
●同名小説


好評シリーズ、発売開始!
官能ホラー
闇刈いわく堂シリーズ特別編
『白湯鬼さん』


~飾られる女たち~
インテリアドール紫織編
若く美しい性人形の日々へ


~飾られる女たち~
インテリアドール芙美子編
しっとり落ち着いた大人のSM

登録サイト





スペシャルリンク















ブロとも一覧

SM~猟奇の性書~官能

~ 艶 月 ~   
テキストリンク
アクセスランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる