白き剣(十三話)

gei1550.jpg

十三話 陰童子


 ひどく枯れ果て、思わず手を差しのべてやりたくなる老爺は、粗末な綿入れを脱ぐと、下にはやはり綿の入った作務衣のような着物を着ていた。冬の深夜で冷えたのか火鉢の焔に手をかざし、背を丸めて寒そうにしている。その姿はもはや人とは思えない。黄泉国から迷い込んだ亡霊のようでもある。
 鷹羽は茶を淹れて卓袱台に置いてやり、たたまれた夜具の中から掻巻布団を手にすると細く萎びた体にかけてやる。
「すまぬな。わしなどなぜに生きておるのかわからぬ齢よ」
 独り言のようにそう言って赤い炭火に骨と皮となりはてた手をかざす。この老爺は、はたしていくつほどだろうと鷹羽は思った。八十やそこらではない気がする。人の生気のようなものが感じられない。

「ふっふっふ、物の怪じゃと思うておろう? そなたごとき小娘の胸内など見透かせるというもの。このわしの中にも陰童子(いんどうし)の血が流れておるゆえな」
 これほどの年寄りでありながら、そばにいて怖気(おぞけ)のする者を見たことがない鷹羽。声も出せず見守っていた。
 老爺は言う。
「陰童子とはすなわち物の怪。魔界に棲む化け物じゃと思えばよかろう。風間小太郎は兄のようなものじゃった」
「なんと」・・と鷹羽は呻くように言うと今度こそ声を失って、炭火に照らされて赤い老爺の横顔を見つめていた。
 風間小太郎とはつまり風魔小太郎。百年以上も前に処刑された風魔忍びの総帥である。その小太郎と兄と言うは、すなわちこの老爺の歳が知れる。百十歳をこえているというのだろうか。

「わしは久鬼(くき)と申してな。小太郎めが怖がって一党から追い払った男じゃよ。されどそのとき、わしの血はすでに風魔の女に注いであって、幾年(いくとせ)世を経て、やがて化け物を産んだということじゃ。にわかには信じられまい、のう伊賀の娘よ」
「あたしのことをいかにして?」
「陰童子というもの心などは見透かせる。言わずと知れた伊賀の鷹女(ようじょ)よ。違うかの? ふっふっふ」
 怖い。身の毛がよだつ。この老爺に隠し事は通じない。気が遠のいたほんの一瞬、あたしは丸裸にされてしまった。さしもの鷹羽も老爺の前では赤子も同然。
「わしにはわかるのじゃ。わしの血を受け継ぐあの者が動いておる。柳(やな)とその娘の葛(かづら)じゃよ」
「柳と葛?」
「そうじゃ。母は化け物、されど娘にその力はそうはない。そなたに頼みたいことがある。柳は災いをもたらすだけの者。されどその娘は違う。我が血を絶やさぬよう守ってやってほしいのじゃ。このわしが若ければ立ちもするが、もはやいかん、柳には勝てぬ。柳は化け物、心してかかることじゃな」

「柳は白き雪の森の淵におり、しかしいまは江戸におる」
「白き雪の森とは?」
「この街道の行く先よ。そなたらは散ったゆえに見落とした。この街道の行き先の美しき湖(うみ)が淵。家康が神となりてそこにおるわい」
「ならば日光?」
 久鬼は骸骨と化した小さな顔を横に向けて鷹羽に微笑む。
 鷹羽は問うた。
「柳と申す者、いまどこに?」
「さてな、それはわからぬ。わしが柳を感ずれば柳もまたわしを感ずる。邪視を用いれば念の波動が伝わって知れるというもの。この道筋のどこかで柳の念を感じたゆえ、こうして出て来た。されどそこでぷつりと途絶えた」
 鷹羽はそれでも半信半疑。そのようなことがあるものかと探りの眸色で久鬼を見つめる。
「して老師、老師ほどのお方が勝てぬ相手に我らはいかにして臨めばいいのかと?」
「無あるいは止水のごとし。念を跳ね返すもまた念じゃが、念を持たぬもまた力よ。よいか小娘、きっと頼むぞ、娘だけは救ってやってほしいのじゃ」
 それだけを言うと久鬼は疲れたと言って、たたまれた夜具を見た。鷹羽は布団をのべてやって老爺を寝かせ、すぐそばに座って目を閉じた久鬼を見る。
 童のような寝顔。
「寒くはござらぬか?」
「少しな」
「はい」
 鷹羽は布団をめくらないようそっと上げ、添い寝をして横たわる。なぜそうしたのか鷹羽にもわからなかった。百十余年を生きた神のような男だからか?

「そして逝ったと?」
 美神の問いに鷹羽はちょっとうなずいて顔を伏せた。
 添い寝をして寝てやって、朝には冷たくなっていた。久鬼が逝った。最期の力を振り絞って思いを伝え、そして逝った。
 翌日、鷹羽は鷺羽鶴羽を集め、夕刻前には揃って艶辰に戻っていた。
 鷹羽の報告で今宵の座敷はすべて断り、皆が揃って話を聞いた。男芸者の二人、お艶さんの三人娘とお光はその場にいない。
 鷹羽が言う。
「なにやらわけもわからぬうちに、あたしは爺様といるような心持ちになれていて心が静められていたんです。穏やかな死に顔でした」
 美神は静かにうなずき、そして皆を見渡した。
「これで敵が知れたというもの。おそらくはその柳なる者の力を借りて何者かが画策したもの。それについては知れてはいない」
 そのとき宗志郎の右に置かれた青い鞘の真新しい剣に目をやり、品川あたりで東海道を張っていた鶴羽が言った。ハッとしたように剣を見た鶴羽の目に気づいた宗志郎が新しい剣へと目をやった。

「そう言えば西国の者どもがちょっと」
 それがかかわりのあることなのか、どうなのか、鶴羽の声は大きくはなかった。
「西国の商人どもの話を聞いたもので。その者らはこう申しておりました。『儲かりますな。なにしろ鉄の採れないところが、にわかな鉄の産地。売れて売れてなりませんなと」
 宗志郎が言う。
「鉄の採れない鉄の産地と言ったのだな?」
 鶴羽はうなずき、そして応じた。
「そのときは探るものでもなく聞き流してしまったのですが、おかしな話だと思ったもので」
 宗志郎は黒羽を横目に見、黒羽もまた宗志郎へと目をやった。
 宗志郎が誰にともなく言う。
「鉄などないのに鉄の産地ということは、諸藩が下げ渡した古い武具がどこかに集まり、この刀のような新しい武具として生まれ変わる。弛んでいるのは外様よりも親藩そして譜代であり、そこから流れた古鉄でつくった優れた武具ができているとすれば、商人どもはどうすると思う?」
「売り先を探すだろうね」
 黒羽が言って宗志郎はうなずいた。
「世が乱れれば呑気な徳川方などはさておいて外様どもは武具を揃え直すようになるだろう。鉄がないのに鉄の産地となったところとすれば、売れるなら莫大な財ともなろう」
 美神を襲ったのは明らかにどこぞの藩に仕える武士だった。と言うことは、武器商人とどこぞの藩がつるんだ企て。紀州藩から将軍が迎えられ、尾張としては面白くない。また将軍吉宗の時代はこれからであり、乱すならいま。

「黒羽、行くぞ」
 ふと出会った一刀が深みに行き着く鍵となるかもしれない。宗志郎は真新しい青鞘の剣を取り、黒羽と二人で立ち上がる。この刻限なら美鈴はまだやっている。話ぐらいは聞けるだろう。
 そしてそれと同時に、美神は鶴羽ら三人のくノ一に言った。
「いま言ったあたりに絞って探る。鉄の流れと武具の動き。売るのは誰か。得をするのは誰かだよ」
 鶴羽はうなずき、鷹羽と鷺羽に目配せして座を立った。
 斜陽の下を歩きながら宗志郎は言う。
「さりとて合戦までを望むわけではあるまい。世が乱れる気配でいい。商人どもの企みなら売れればよし。また背後にどこぞの藩が控えておるにせよ、倒幕を企てたと知れれば潰されるは必定」
「あくまで商い?」
「そういうことだ。したがって敵は紀州藩そのものには手を出さない。出入りの商人であらば武家に害はさしてなく、世を騒がせることはできるだろう。その柳とやら、隠れ家は日光と言ったな」
 黒羽はハッとする。
「日光と言えば下野(栃木)、天領でもあり、下野佐倉藩はそれこそ御老中、戸田様の領地」
「そういうことだ。下野に幕府の目が向けば戸田様を失脚に追い込むこともできるだろう。厳格厳正ゆえ、うとましく思う輩も多いゆえな」

 この剣は備前の刀工の手になるもの。宗志郎は腰の青鞘の刀に手をやって考えた。
 備前岡山と言えば豊臣家五大老の一人、宇喜多秀家からはじまる土地柄。その後、あの小早川秀秋を経て、池田家に受け継がれた外様の領地である。
 いまさら池田が謀反を企てるとも考えにくいが、これで少しは見えてきたと宗志郎は確信した。備前はもともと刀剣の産地であったのだが、太平の世が続いて刀剣の需要が減ったため備前の刀工は減る一方。藩としてもそうした者どもを守らなければ財政が苦しくなる。そこに古鉄を扱う商人どもがつけ入ったということか?
 さらに紀州家から出た八代将軍吉宗は、逼迫する幕府の財政をふまえて倹約へと舵を切る。尾張は違う。御三家筆頭の尾張徳川家。徳川の栄華を示そうと、何かにつけて倹約には異議を唱える考えだ。
 そう思うと、黒幕の背後にさらに黒幕がいるということも。武具までにおよぶ倹約は尾張としてはますます許しがたい。徳川の弱体化につながりかねないからであり、そうした吉宗の目論見を厳格厳正に行う老中の戸田が目障りなのだ。
 すべてに辻褄が合ってくると宗志郎は考えた。

 永代橋を渡って八丁堀の縁にある刀剣そのほか武具の店、美鈴。
 宗志郎と黒羽の二人が歩み寄ると、店じまいの刻限だったが、主が帳簿の書き込みのためか店先に座っていたのだった。
「これはこれはお武家様、それに奥様も。何か不具合でもございましたか?」
 宗志郎は微笑んでそうじゃないと首を振った。
「じつは拙者の知り合いに見せたところ、ぜひにも見たいと言うのだが、これと似たようなものはあるのかと思ってな」
 店主は嬉しそうな顔をしたが、いますぐではむずかしいと言う。
「それほどのものとなりますれば出入りの問屋に探させねばなりませんし、おそらくは新たに打たせることになるものやと」
「そうか、ならばやむをえまいな。こうしたものはそう多くはできぬものか? その備前の刀工とやらには?」
 主は微笑んでうなずいて言った。
「まずもって鉄が足りませぬ。古い鉄は大坂あたりの鋼商(こうしょう)どもが集めて回っておるですが、なにぶん質が良いもので、備前だけでなく、京は山城、奈良なら大和、美濃もあれば相州(相模)もあり、そうした方々の刀の産地に買い付けられてしまうのですよ」
「ふむ、左様か」
「はい。さらには堺あたりの鉄砲鍛冶もありまするが、大坂あたりは天領でもあり御公儀の目もありますゆえ、そうそう多くは造れませぬ」
 幕府は刀剣ならともかくも鉄砲や大筒を厳しく取り締まっていて、個人での所有を禁じていた。藩として買い付けるには幕府の許しがないと勝手に調達するわけにはいかない。
 さらに店主は言った。
「また、古鉄もあるときはありまするが、なくなるといつ出るとも知れぬもの。ときとして関ヶ原以来の古い大筒や鉄砲などが多く出回ることがあり、そうしたときには新たな剣も造られるものですが、ともかく古鉄はそう多くはありませぬ。まあ、とは申せ、ぜひにもとおっしゃっていただけるなら手を尽くして探してはみますが、おそらく新たに打たせることになるかと存じます」

 宗志郎は、さも残念という素振りを見せて、それとなく言った。
「諸藩としても武具をあらいざらい吐き出すわけにもゆくまいしな」
「左様でございますな。お武家様には失礼ながら、諸藩それぞれ懐具合もございますでしょうし、百出して百揃えるわけにもいかず、せいぜい新たに二十といった有様ゆえ、それではイザというとき足りませぬ。よって古い武具も備えておかねばなりませぬゆえ」
「うむ、まさに」
 と、そこで店主はこう言った。
「とは申せ、先ほども申し上げた刃物の産地では古鉄は奪い合い。武具と申しても古くなれば使い物にはなりませぬし、鉄砲など百出して二十を入れてもそれが新式鉄砲となれば話は別。関ヶ原以来の古い火縄銃などもはや鉄屑同然ですゆえな」
「ほう、そんなものなのか?」
「そんなものでございますとも。いかに鎖国とは申せ、そこはそれ、新たなものはどこぞから入ってくるもの。南蛮渡来の連発銃にいたっては一丁で古い銃の数丁分の働きをすると申しますし、古い大筒一門分の鉄で多くの新式銃が造れるもので」
「なるほど。すると鍛冶どもを多く抱える藩にとっては金づるともなる?」
「いかにも左様にございますが、それらのほとんどは西方の藩かと存じます」
 江戸の周辺、大阪の周辺と尾張の周辺、そこは天領(幕府の直轄統治)、親藩そして譜代で固めておいて、外様の大大名の多くは遠くに配してある。つまり鉄で得をするのは外様ということになるわけだ。
 参勤交代では国元が遠いほど移動に莫大が金がかかる。そうなると外様は苦しい。なりふり構わず財をなそうとするのもうなずける。
 宗志郎は黒羽にちょっと目配せをし、それから店主に言った。
「よくわかった。急ぐものでもないゆえ折をみてあたっておいてくれればよい。ともかくもう一振りだ」
「かしこまりましてございます」
 店主は腰を低くして若い侍とその奥方を送り出す。

 歩きながら宗志郎は言う。
「新式銃か」
「あり得る話です」
「まさに。そうしたものを公儀に持たれ我が身が古式では話にならん。武器商人の思うツボ。世を騒がせればますます引き合いも多くなろう」
 仲むつまじき夫婦を気取ってそぞろ歩き、その頃暗くなってきて、二人はその足で宗志郎の小さな家へ向かうのだった。

 八丁堀の縁からそう遠くはない宗志郎の小さな家ではあったが、そぞろ歩いてやってくると闇が濃くなり、夜冷えの風が流れていて、家の中はひっそり冷えて静かであった。
 のべられたままの夜具にくるまり、久鬼と言う枯れきった老爺が穏やかに眠っている。宗志郎は黒羽と並んで掌を合わせ、安心して眠るような久鬼を見つめた。
「まさに仙人のごとき穏やかな顔だ」
「心残りを鷹に伝え、最期は鷹に抱かれて逝ってしまった。さぞ安堵したことでしょう」
 それにしても、いまから百十五年も前に死んだ風魔小太郎を兄のようなものと言った、この老爺。それだけの歳月を生きていただけですでに仙人のようなものである。気づいたら死んでいた。たまらなくて抱いてやったと鷹羽は言った。
 身内のような気がしたのだろうと宗志郎は思う。

 とそこへ、その鷹羽と鶴羽鷺羽の二人がやってくる。夜陰に乗じて屍を運び出す。どこぞの寺で葬ってやりたいと考えた。老爺を運び出してより、三人のくノ一には柳を追う役目がある。
 老爺の亡骸を一目見た鷺羽が言った。
「眠っているよう」
 皆がうなずき、宗志郎は言った。
「こなたのおかげよ。もやもやとしたものがつながった。我らで弔ってやろうじゃないか。百十余年を生きるとは、なんと見事な男であろうのう」
 三人は一様にうなずいて、やさしい娘の目を向けた。いまを生きるすべての忍びの父のような老爺である。
「では、あたしらはこれで」・・と鶴羽が言うと、黒羽が応じた。
「ご老体の念が消えたと悟った柳はいずれ動く。藩として表立ってかかわるわけはなかろうから、出入りの商人をあたることだよ」
 三人はうなずいて、布団にくるんだ久鬼の亡骸を運び出し、荷車に載せて去っていく。