快感小説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樹の妻

 あのとき 私 迷い込んでここにきた

 私が消えた 消息不明

 二月すぎて戻ったときに神かくしとさわがれた

 その森めがけて友だちつれて歩いてる

 玲子です 大学の天文クラブで出会った子

 ケキョケキョケキョ 小鳥たちのハミング重奏

 初夏の緑が萌えていて精液臭ほど青くさい

 空スコーン お陽様キラキラ 風そよぐ

 おとぎの国にいるような美しい森なのです

 けれどもね 私のなかに暗い心が揺らいでた




「わぁ凄い、綺麗ねー!」
「でしょでしょー! 穴場よねー、そう険しくもない山なのに、ほん
と人が少ないのー。会社の山好きアニキに聞いたんだー」
「サイコー! こんな山、はじめてよ」

 山といっても登山用具のいるような場所でない。なのに誰も近づか
ない。神隠しの山という別名があるぐらい、なぜか迷ってしまう山。
だけど私は二度目です。あれほど鮮烈な記憶があれば、忘れたくても
忘れられないコースです。
 私の場合、山は宇宙よ。あちこちの天文台を訪ね歩いて、ここだっ
て・・いえ、それは言いません、場所がわかってしまうから。


 シャラララ・・涼しげな沢流れ。

「少し休も、おなか空いた」
「うん! 綺麗なお水・・・ガラスが流れてるみたいよね」
「飲んでごらん、美味しいよ、山清水だから冷たいの」
  二人ともジーンズ、ジャケット、スニーカー。小さなザックを背
負ってる。でも装備はその程度。玲子は、水晶みたいな六角岩の間を
降りて沢石をまたぎ、お水をすくって飲んでいた。
「うめえー! ほんと冷たいー!」
「でしょー。ペットボトルの名水なんてメじゃないわ」
 それでお昼をパクついて、それからまた歩きだす。

 だけどあの子は不安がる・・。
「ねえ大丈夫? どんどん深くなってくよ?」
「まかしときって。前にも来てるからへっちゃらよっ」

 斜面を縫うアップダウンのある道は、鹿道と言われて、つまりは獣
たちの専用道路。この山には熊はいないはずだから女の子でも安心で
きる。
 けれど・・あるところを境に森の様相が変わってしまう。原生の健
康な森だったものが、空や風や取り巻くものをそのままに、人が手を
加えたように植生が切り替わってしまうのです。
「ねえ・・何かおかしくない? 見たこともない樹ばかりになっちゃ
った」

 それらの樹には生い茂る枝葉はなく、濃い緑色をした幹が生えてい
て、そこから、ちょうどイソギンチャクの触手のような何本かの枝に
分かれ・・その枝が綺麗なピンク色をして、まさにイソギンチャクそ
のままで、枝に葉がないのです。
 そして樹の幹が、蛇そっくりの細かなウロコにつつまれていて、緑、
青、金色、銀色・・光を跳ねて色を変え、煌めいてる。

「ねえマリ、ヤだよ、あたし怖い」
「大丈夫よー、この樹のせいでここには人がいないんだから。よく見
てごらん、綺麗でしょう」
「う、うん・・綺麗なのは綺麗だけど気味悪い」
「ほら、あそこにひときわ立派な樹があるでしょ」
「あるね。まるで主みたいな」
「そうそう、あの樹の前に立ってごらん、触れると幸せになれる樹な
のよね、やさしいんだから・・ふふふ」

 怖がる玲子の背を押して樹の前に立たせます。
 そして、あの子がおそるおそる幹に触れた、そのとたん・・。

「きゃぁぁーっ! 何よコレーっ! マリぃ! マリぃ! 助けてぇ
ーっ!」
「さよなら玲子。主様に約束したのよ、別な誰かを連れて来るって。
うふふ、楽しんで幸せにね」
「嫌ぁぁーっ! ウソよーっ! 嫌ぁぁーっ!」

 私は樹々を見渡します。
「私の主様、それからみんなもいずれまた。ふふふ・・あはははっ!」

 私はマリ。二十七つ。いまはまだ独身です。彼がいます。
 結婚するって思っていたし彼だってプロポーズしてくれた。抱かれ
ててスキンをなくせる日を望む。もちろん玲子にだって紹介したし、
仲間たちで遊んでいました。
 その彼に・・大切なあの人に玲子は近づきすぎたのです。
 もう一人、由美がいる。山に興味のないあの子をどうやって連れて
くるか・・流星群・・流れ星でも餌にしようか。


 あのとき私は・・半年ほど前のことでした。

 天文台からの帰り、表のルートがつまらなく、男の子と三人で手つ
かずの山の中を歩いてた。険しい山ではなかったけれど山を甘く見て
いたの。霧が出た。一寸先が見えなくなって私だけがはぐれてしまっ
た。トイレで離れただけのなのに霧は白い闇となる。彼らも探してく
れたけど、あらぬ方へと彷徨って迷ってしまった。

 樹々よりも猖獗する下草です。背丈ほどもある下草がはびこって、
泳ぐように歩いていると、ここに出た。
 山の中でそこだけが脱毛したよう草がない。林床がなめらかで、
なぜかちょっと温かかった。
 霧をしのいだ。そして霧が晴れたとき、見たこともない不思議な樹
が目の前にあったのよ。

「ヘンな樹ね」
 その頃はまだ主様を中心に何本かの小さな樹群れがあるだけだった。
 私は樹に近寄って、蛇のようにキラキラと色を変えて煌めくウロコ
の肌を撫でてみた。
 そうしたら・・。

 イソギンチャクの触手のようなピンクの枝が樹の手となって、一斉
に蠢きだして私を絡めとっていく。幾重にも巻きついて太い縄で抱か
れるみたいに身動きできない。そのうち触手の先が五本に分かれて、
手先のようにカタチを変えて・・樹はそれまでの歴史の中で人間を見
ていたからね、人のカタチを真似ることを覚えていたのよ。
 触手は子供の腕ぐらいでひとつかみできたけど。それがにょきにょ
き伸び出して無数の腕に絡みとられてしまったの。
 指のカタチに変化したいくつもの手に嬲られた。着ているものをむ
しり取られて素っ裸にされていく。

 断末魔・・あのときの悲劇的な自分の声を覚えてる。
 恐怖で失禁、泣き叫んでもがいていたわ。

 樹の手に私は蹂躙された。乳房を揉まれ、お尻をつかまれ、恐ろし
い力で体を開かれて前から後ろから性穴嬲り・・そしたら緑色の太い
幹から別の触手が伸び出して、先が二股に分かれていって・・女体の
デザインに合わせるように大小二本のペニスとなって、アソコとアナ
ルを一気に犯され、そうされながら乳房を揉まれ、乳首をコネられ、
体中もみくちゃで・・それはセックス束縛・・。
 ピンクの触手は粘液を分泌して・・催淫・・媚薬・・そんなものを
体中に塗りたくられて。

 地獄のようなアクメが続いた。イッてもイッてもイキ続けた。
 人の女が樹に抱かれた。樹にレイプされたのです。
 私は裸よ、すっぽん全裸。服が散乱していても、触手のひとつが首
輪となって私をつないで放してくれない。
 山の夜は冷えるでしょう。だけどそれも、寒さに丸まってると主様
の抱擁が幾重にも絡みつき、それがとっても温かく、私をぐっすり寝
かせてくれたわ。

 食べなければおなかが空くわね。それだって主様が、幹からペニス
を生やしてくださり、別の手に髪をつかまれて、しゃぶれとおっしゃ
る。
 それでご奉仕すると・・トロロ・・ピュピュピューッ。
 甘い射精をくださるの。ハチミツそっくりなドロリとした液体です。
美味しい! それがとっても甘くて美味しくおなかがいっぱい。体の
調子もすこぶるよくて・・豊かな栄養だったのですね。

 そして私は・・三日に一度、大きなドングリみたいな種を産んだ。
樹に犯され孕んだ女が、樹の赤ちゃんを産んだのです。子宮がもぞも
ぞしはじめて、種はするりと膣を抜けて産まれ出た。
 主様のお手が伸びて地面を指差し、埋めろとおっしゃる。
 土に埋めてほんのしばらく、ベイビーピンクの触手が伸び出し、新
しい樹に育ってく。

 三日にひとつ。私が神隠しにあっていたのは二月だから二十かそこ
ら・・次々産んでは植えていき、そこからまた樹が育つ。
 私が迷い込んだとき、ほんの数本だった不思議な樹は、いまはもう
三十本ほどに増えている。主様との子供たち。
 主様は私を殺す気なんてありません。生殖のための妻なのですから。

 おやさしく、美味しい精液をたくさんくださる主様でしたが、私は
泣いてお願いしました。結婚したい人がいた。別な女をかならず連れ
て来ますからって。
 主様は樹なのですが、その知性は素晴らしく、わずか数日で私の言
葉を理解され、さらに数日でお体に声をお持ちになったのです。

 悪魔の響き・・ドス低いお声です。

「人間・・連れてくる・・約束するか」
「はい、お誓いいたします、ご主人様」
「おまえの中には私の精が植えてある・・約束を違えればおまえの中
で暴れだし、おまえを樹に変えるだろう」
「お誓いします、かならず連れて来ますから。主様のことも誓って誰
にも話しません。どうか私を許してください、たくさんの子供を産ん
だ妻なのですよ、どうか信じてくださいませ」

 そのときでした・・裸で立ってる私の膣から、にょろりとピンク色
した触手が・・それはまるで背伸びしすぎたクリトリスのように膣か
ら伸び出し、蠢いてる。

「樹にされるのは嫌。きっとお誓いいたします。あぁん主様、私の旦
那様・・生涯おそばにお仕えします」
「ふふふ・・可愛い女よ・・ならば行け。おまえの中に私がいること、
忘れてはいけない。多くの女・・男でもよいが・・人間を連れて来い。
ふっふっふ・・やがて我らはこの星を・・だが、おまえだけは殺さな
い・・妻だから」
「はい、お慕いします、ご主人様」
 素っ裸で樹にすがり、何本もの触手に抱きくるまれて・・そして私
は山を降りてきたのです。

 もう一人、とにかく由美を連れて行く。子供の頃から知ってる子。
親友でしたが、口惜しいけれど由美はとても美人です。鼻にかけてる。
見下してるわ。許せないのよ、なんとなく。
 そうです、ただなんとなく目障りなんです。


「おい見てみろ・・女みたいな樹があるぜ」
「わおっ、セクシー! あははは!」
「ヤだ・・でも、ほんとに女から枝が生えてる感じよね。彫刻の森み
たい」
 男の子が二人、私と由美。グループで向かいます。男の子には気の
毒ですがしかたがなかった。由美は私を警戒していて一人ではついて
こない。

 そこにはウロコを着せたヌードアート。樹にされた玲子がいたので
す。玲子もたくさん産んだようね。私が産んだ子供らと一緒になって、
大きな森をつくりはじめていたんです。

「うわぁぁーっ! バケモノーっ!」

「何だ、これはーっ!」

「きゃぁぁーっ! 助けてマリぃーっ!」

 ふんっ・・悲鳴に背を向けて真っ青な空を見ていた。
 さよなら由美。樹にされても美人でしょうけど、その前にたくさん
種を産んであげてね。くくく・・あはははっ!

 男二人は私にとってどうでもいい存在でした。主様ではなく子供た
ちの触手に絡めとられた男たち。裸にされて触手に縛りつけられるよ
う樹に抱かれ、やがては樹に取り込まれて樹を育てる肥料にされてい
くのです。育ち盛りはよく食べるから困っちゃう。

 しなやかな裸身のままウロコを着て、樹にされた玲子のアソコをま
さぐってやりました。そしたら樹が、せつなげにしなしなと悶え揺れ、
細かなウロコに覆われたその顔が・・目が・・パッチリ目が開くので
す。

「あら、まだ生きてるの? ごめんね玲子、こうされて感じるかしら?
ほうら・・ほうら気持ちいい・・」
 クチュクチュまさぐってやるんです。樹になっても穴ヌレしてた。
「ほうら樹が悶えてる。気持ちいいんだ・・ふふふ、もっとシテ欲し
いわね・・きゃはははっ!」
 もう声は出せないよう・・その目からツーッて涙がこぼれたわ。


「あ、ほらぁ、流れ星! 綺麗ねー! お願いしなくちゃ、幸せにな
れますようにっと! あははは!」
「ふっふっふ、子供か、おまえ」
「だって綺麗なんだもーン! うふふっ!」
 新婚旅行はハワイです。海を見渡すバルコニー。ビーチベッドに主
人と二人、裸で寝そべっていたんです。流れ星がすーっと尾を引いて
消えていきます。

 いつの頃なのか、そのひとつがあの山に落ちてきて、主様が芽を出
されたということですね・・。

「ぁ・・ぁぁ・・」
「マリ、愛してる」
「うふふ、うん。早く赤ちゃん欲しいねー!」

 私の中の生命体の遺伝子が人の精子を得たときに、どんな姿になる
のでしょう。

「ねえ・・」
「うむ?」
「・・ううん、いいの」
 いい男だわ。惚れ惚れしちゃう硬さと角度・・ん?

 でも・・そのうち飽きたら、あなただって樹の餌よ・・。

ピックアップ!


ウェブマスターはこちら リアル素人CLUB-XXX リアル素人CLUB-XXX

ここはハード性小説

SM~FEMDOM、レズと
官能小説らしい物語を集めてく。
新刊案内

レズ官能小説の二編集
自虐オナニー~レズ
●指だけじゃ飽きたらなくて
レズSM(露出)
●同名小説


好評シリーズ、発売開始!
官能ホラー
闇刈いわく堂シリーズ特別編
『白湯鬼さん』


~飾られる女たち~
インテリアドール紫織編
若く美しい性人形の日々へ


~飾られる女たち~
インテリアドール芙美子編
しっとり落ち着いた大人のSM

登録サイト





スペシャルリンク















ブロとも一覧

SM~猟奇の性書~官能

~ 艶 月 ~   
テキストリンク
アクセスランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。